第八期生 角谷院長直伝の鍼灸師養成コースのご案内

第八期生 角谷院長直伝の鍼灸師養成コースのご案内

お待たせしました。角谷院長直伝の鍼灸師養成コース 第八期生の募集をはじめました。深層筋講座を学びたい方はどうぞお越しください。

なお、無料説明会も開催しております。

<角谷院長直伝の鍼灸師養成コース 第八期生 募集中です!>

現代病「パソコン・スマホ病、パニック障害、うつ」で、来院する患者は増える一方!

深層筋への鍼と鍼プラスの手技やセルフケアーは、これらの現代病を導くカギとなります。

本講座は、鍼灸院で最も多い五大疾患「五十肩・坐骨神経痛・腰痛・肩こり・ひざ痛」と、現代病の施術をマスターする講座。独立開業や鍼灸院で即戦力として、働ける実力を付けることを目指す講座です。

自信を持って、鍼灸に取り組んでください。鍼灸学校卒業後こそ勉強して能力を磨くことが必要です。鍼灸師になりたいあなたへ

【深層筋療法とは】

深層筋鍼法は、本コース講師の角谷敏宣【治(なお)し家 鍼灸院院長】が、2008年に創った独自の鍼法。これを用いて、パソコン・スマホ作業から来る障害(筋肉・目・自律神経の症状)を改善する「パソコン病療法」が生まれました。

その後に、パニック障害やうつをはじめとする「精神疾患をカラダから治す治療法」を開発しました。

東洋医学の専門誌【医道の日本】に、パソコン・スマホ病の一症状に対する鍼治療との内容で、取材を受けました。(2017年2月号)

さまざまな慢性病の原因となっている深層の筋・腱の癒着(こり)を無痛で的確に治療でき、どの流派の鍼とも併用できる鍼法であり、鍼を打つ前の診断法や手技と併せて、多様な疾患に対応できる療法です。

【角谷院長直伝の鍼灸師養成講座の概要】

★期間:2019年10/3~12/19 全12回(1日約6時間)
日時:毎週木曜9時半〜16時半
講師: 治(なお)し家 鍼灸院 院長 角谷敏宜およびスタッフ
会場:治(なお)し家 鍼灸院(杉並区西荻北3-22-22 2F)
※JR西荻窪駅北口より徒歩一分

【事前無料説明会】を開催しますので、ぜひお越しください。

説明会日時: 3回開催予定
①木曜日の夜19時~20時 9/12,9/26
②日曜日の朝10時~11時 9/8

★参加資格:鍼灸師、鍼灸学校学生
講座費用:24万円(税込25万9200円・テキスト代込)
振込先: 三井住友銀行 西荻窪支店 普通口座 6749396 角谷敏宜
※特別な事情による分割払いはご相談に乗りますが、基本一括払いとさせて頂きます

★先行割引期間9月20日までにお申し込み、ご入金いただいた方に限り21万円(税込22万6800円・テキスト代込)
※この場合、分割制度は適用されませんのでご了承ください

【講座終了後の採用制度】

全コース終了後、治し家 鍼灸院での登用対象となります。当院で働いていただき、その後問題なく半年が経過した場合、受講費用の1/3をご返金する制度を設けております

登用開始期間は、当院の都合により多少変動する可能性がありますが、基本的には講座終了後を予定しております。

最低敢行人数4名 (当講座の性質上、少人数では開講できませんので、もし4人以上集まらない場合はご返金と共に次回へ延期とさせていただきます。)

最後に・・・当院の院長とスタッフには英語を話す者もおり、海外からのお客様も見えます。どの患者様も改善されている実績から、世界中で通用する知恵と技術だと確信しております。ぜひ、3ヶ月のコース(鍼灸師養成コース)を修得されてあらゆる疾患を治せる、そして治し方を伝えられる立派な治療家になられてください。

皆様のご参加お待ちしております

【お申込み・お問い合わせはこちら】

〒167-0042
東京都杉並区西荻北3-22-22 第七フロントビル 2F
(JR西荻窪駅 北口から徒歩1分)
電話番号:03-5938-7048 / FAX:03-5938-7049
メールアドレス:kadoya@naoshiya.info
http://naoshiya.info/

お申込みはこちら

第八期生 鍼灸師養成コース概要(PDF)

【講座日程:カリキュラム】

前半2時間は座学・後半は実技が講座の基本です。実技を体験できるのが人気の理由!

第8期 角谷院長直伝の鍼灸師養成コース各回のテーマ 

1、10/3 なぜ無痛で的確に深部に鍼ができるのか? コリ捌き 手足
(3本押し手とデコピン切皮、体捌きとコリ捌き)

2、10/10 鍼は刺すのではなく、溶かす道具。コリを把握して鍼をする 首
(鍼捌き、コリをほぐす手技、コリを溶かす鍼・マヒをとる鍼)

3、10/17 背中と腹を自在に変化させる 背・腹・手足
(背部1.2.3側・肩甲間部・肩甲骨のコリを溶かす鍼法、腹をしなやかにするワザ)

4、10/24 骨に鍼をするとは? 肩甲骨・志室・胸•尻・首
(深層筋鍼法の真髄、骨膜鍼、マヒをとる鍼)

5、10/31  前半(1回〜4回)の復習 腰・首・肩

6、 11/7 筋肉・目・精神を犯すパソコン・スマホ病
(治(なお)し家 鍼灸院のパソコン・スマホ病療法)

7、 11/14 五十肩のヒミツは深層筋の腱板にあり
(五十肩への深層筋鍼法)

8、 11/21 鍼の技術を向上させるヒミツ。体と心のセルフケアの指導。本治法
(全身の血流を良くするセルフケアのワザ、心の悩みを終わらせるセルフケア)

9、 11/28 腰痛・坐骨神経痛はタイプに分けて対応
(腰痛・坐骨神経痛の鍼法)

10、12/5 パニック障害は心の病ではない
(パニック障害を鍼とセルフケアで施術)

11、12/12 ヒザ痛の原因はヒザにはない
(長年のヒザ痛を劇的に治すワザ)

12、12/19 復習と試験、修了証授与

【受講者の感想】

●少人数制なので、マンツーマンで懇切丁寧に指導してもらえました。アットホームな雰囲気も良かったです。

●パソコン・スマホ病というデスクワーク疾患の対応法をマスターできたのは、今後の鍼灸師としての武器になります。

●セルフケア―も学べたので、患者さんが自分で自分のからだを治してゆく方法を教えられるだけでなく、治療家自身の健康もつくってゆけるので役立ちました。

●鍼を行う時の体制のつくり方、切皮の仕方、押手の方法を教えて貰ったら、深層への鍼が敵っ買うにできるようになりました。

●手首・ひじ・肩甲骨・仙骨などの筋膜の癒着をはがす手技はやり方もカンタンで、即効性があり感動でした。

●精神疾患とされているパニック障害やうつ病などの疾患も、カラダのメンテンナスが大事なことを知りました。首への鍼や血流を良くしてゆくセルフケア―を統合する方法を教えてもらいました。今後の臨床で使えます。

●深層筋への鍼が、長期間、慢性化した五十肩や坐骨神経痛を短期間で対応していくカギなのだということが分かりました。

受講者の感想をもっと詳しく知りたい方は、こちらの【深層筋療法講座】の感想をお読みください。

【お申込み・お問い合わせはこちら】
〒167-0042
東京都杉並区西荻北3-22-22 第七フロントビル 2F
(JR西荻窪駅 北口から徒歩1分)

電話番号:03-5938-7048 / FAX:03-5938-7049

治(なお)し家 鍼灸院へのアクセス

お申込みはこちら

講座の募集カテゴリの最新記事