深層筋鍼法で独立開業するために

ー現代病完全治癒の技能と集客・経営力の習得コースー

鍼灸学校を卒業した多くの人が目標にするのは、自分の鍼灸院を持ちたい、独立開業したいということです。

鍼灸学校は、国家試験の合格が目的で存在していますから、卒業生は治療する技能も臨床経験もありません。ですから当然鍼灸の技能・臨床経験をつけるため鍼灸院で働きたいと思います。しかし現実は、鍼灸院の求人はほとんどありません。なぜなら大部分の鍼灸院は自営のみで行われているからです。就職できるのは、整骨院、整形外科、介護所、リラクゼーションサロンなどです。これらの就職先は鍼を主体で施術しているわけではないので、鍼灸の技能を磨くことはできません。

鍼灸の技能を自分ひとりで身につけることは不可能です。最初の段階では、教えてくれる師匠が必要です。そして大変なことですが、臨床経験が必要です。指圧マッサージなら臨床経験がなくても患者様が来てくれるかもしれませんが、臨床経験のない下手な鍼灸師のもとへ通ってくれる患者様はいません。

しかし困っている患者さんは多くいます。鍼で救える患者様が世界中にいます。
鍼でしか治らない疾患があります。そのひとつがパソコン病であり、パニック障害といった現代病です。現代病の完全治癒には鍼が必要です。そのような患者様を集客できれば開業して経営していけるのです。 しかし現代病には鍼が一番効くということが一般の人に広まらないと、鍼は広がりません。それには、現代病を治せる鍼灸師が多く育つことです。そのことで鍼灸師の地位も上がってゆきます。

独立開業できる鍼灸師が育っていくのが私の願いです。鍼灸の潜在需要は限りなくあります。これからの時代、世界的には鍼は世界の医療となってゆくはずです。なぜなら、鍼治療は医療費がかからずシンプルです。即効性があります。鍼は、体内部の異常部位に直接触れることができるため、筋肉・腱の異常が症状として現れる腰痛・坐骨神経痛・肩コリ・五十肩・ 膝痛などの五大疾患、パニック障害・うつなどの精神疾患、パソコン病などの現代病には、即効性があります。

治し家鍼灸院では3年前より治療技術が身に付くように、3か月間のカリキュラムをつくり修得コースを行ってきました。

少しでも多くの鍼灸師に深層筋鍼法をマスターしていただければ幸いです。